2017年3月19日、京都市下京青少年活動センターにて同志社女子大学アイドルダンスコピーサークル Pichicartの卒業コンサートが開催されました。

 私は今まで直接見たことがなかったのですが、今回が4回生最後のパフォーマンスということ、他にも今回がラストステージというメンバーがいるということで見に行くことにしました。

 会場は公民館の少し広めの部屋といった感じのところで、私が会場に到着した時には既にファンの人達が大勢来ていて盛り上がっていました。ファンの年齢層は大学生ぐらいの若い人から少し年配の人までと幅広く、人気の高さが伺えます。

 HKT48「メロンジュース」の曲から始まり、AKB48、NMB48、乃木坂46、ももいろクローバーZ、℃-ute、Berryz工房、スマイレージ、モーニング娘。等のダンスが次々と披露されました。

 知っている曲も全く聞いたことのない曲もありましたが、どれも楽しめました。曲によって表情がガラリと変わるところが素晴らしかったです。あれだけの振り付けを覚えるのに相当練習されたのだと思います。また、ファンの方の掛け声もなかなか絶妙でした。

メロンジュース

有頂天LOVE

Wonderful Rush

Kiss me 愛してる

青春のラップタイム

 他にもPichicartの歴史コーナー、イントロクイズやショートコント、4回生の挨拶等がありました。ショートコント面白かったです。

 2時間40分にわたる単独コンサートはあっという間に終わりました。
 帰宅後すぐに編集作業に取り掛かりましたが、編集していて本当に楽しかったです。

 Pichicart卒業コンサートの動画再生リストはこちら



ダンス ブログランキングへ