2017年9月9日、福井運動公園陸上競技場にて日本学生陸上競技対校選手権大会が開催されました。
 注目の男子100メートル決勝で東洋大学4年の桐生祥秀選手が9秒98をマークして優勝。
 遂に日本人で初めて100メートル10秒の壁を破りました。

日本インカレ2017 100m決勝

 まさに歴史的な瞬間ですね。
 私は今回の日本学生陸上競技対校選手権が福井県で行われるということも知らなかったのですが、これは見に行きたかった・・・

 2013年4月の織田幹雄記念国際陸上競技大会で洛南高校3年だった桐生選手は10秒01(当時日本歴代2位)で走り、一躍時の人となりました。
 それ以来、常に10秒の壁を破るのはいつかと注目され続けていましたが、なかなかこの時の自己記録を更新することができず、4年の歳月が流れました。

 その間に続々と新星が現れましたが、日本人で最初に9秒台に到達したのはやはり桐生選手でした。

 そんな桐生選手の動画を少し集めてみました。

織田記念陸上2017 100m決勝

日本学生個人陸上2016 100m準決勝

関東インカレ2015 4×100mR予選

洛南高校体育祭2013

近畿インターハイ2013 4×100mR決勝

織田記念陸上2013 100m決勝

中学時代の桐生祥秀選手

 やはり中学時代からめちゃくちゃ速かったんですね。
 最後に桐生選手のレースシーンが複数収められている動画です。

まとめ動画

 東京オリンピックでの活躍が期待されます。

【関連ページ】
桐生(kiryu Yoshihide)Twitter

Instagram kiryu1215



ブログランキングへ